• 惠泉(けいせん)ノア製作所
  • 惠泉(けいせん)マナベーカリー
  • ビュウソーイング
  • ハレルヤ典礼
  • 惠泉(けいせん)アモスファクトリー
  • 文泉(もんぜん)書院
  • 惠泉(けいせん)マリア訪問看護ステーション
  • 惠泉(けいせん)ひかり訪問介護ステーション
  • レストハウス惠泉
  • イベント企画
  • 惠泉インターナショナルプログラム
  • ヴィタポート愛
  • 珈琲とパンの店ヴィタ/ショップ ヴィタ
  • 中国小麦粉料理専門店 惠泉
  • 丹波の宿 恵泉

お知らせ

ヴィタポート
第3回 惠泉塾・ヴィタポート見学会

7月4日に第3回惠泉塾・ヴィタポート見学会を開催いたしました。惠泉塾は株式会社ヴィタポートの母体となっている生活共同体です。当社の設立目的は、惠泉塾で元気になった若者たちが社会参加を果たし、社会貢献するための職場を提供する事です。
今回の見学会の目的は、惠泉塾・ヴィタポートの働きを知って頂く事です。これまでの見学会と異なるのは、3泊4日の「惠泉塾・ヴィタポート見学ツアー」に合わせて企画した事です。このツアーには、長年ヴィタポートの働きを応援して下さっておられる方々が、関東・関西から参加されました。
お迎えする私達は、この会社で働かせて頂いている事の素晴らしさ、育てられている喜びをお伝えするべく準備をし、当日参加された方々は熱心に聞いて下さいました。
見学会の流れは、まず取締役の木下からの挨拶・当社の紹介があり、惠泉塾とヴィタポートそれぞれの紹介スライドショーを見て頂きました。ヴィタポートの紹介スライドは、今回新たに作成しました。各部署の紹介が、写真によって分かり易く表現されています。
次に、約2時間かけて惠泉塾・ヴィタポートの敷地内を見学して頂きました。その後、ヴィタポート商品を知って頂く事を目的としたお買い物、“珈琲とパンの店ヴィタ”による昼食、惠泉塾・ヴィタポートの体験報告、質疑応答の時間を持ちました。

参加して下さった方々のご感想を一部ご紹介させて頂きます。
◎全般
・22部門の事業所全部本物を目指しているということが理解できました。
・おそらくもっと深く広い魅力があるのだろうと推察します。
・惠泉塾で成長した方々の勤め先となるシステムが印象に残りました。
・どの施設もきれいに整えられ、手入れされていました。
・部署の説明において、静かな話し方に地に足がついていると感じました。

 

◎ヴィタポートの各部門
<惠泉虹乃家>老人ホームは色々見ていますが、

理想に近い介護・看護をされていると思いました。
<珈琲とパンの店ヴィタ>人が集まって来るところに不思議さを感じました。
伊藤さんのお話しに珈琲が飲みたくなりました。
<ノア製作所(木工)>素晴らしい考え、ポリシー、

職人心を持った所長さんでした。実際の作品に触れることができました。
<マリア訪問看護ステーション>ぬくもりを感じました。
<マナベーカリー>工場長の籔本さんの年齢に関係なく人は変化し成長する、

人の為に働く喜びの話、私もそうなりたいと心から思います。お話が心に残りました。
おいしかったです。
以上のように、参加者のほとんどの方が惠泉塾・ヴィタポートの働きをよくご理解してくださり、参加してよかったと好意的な感想をお寄せ下さいました。
今後も私たちを応援してくださる方の輪を広げていきたいと思います。
ヴィタポート秘書室
TEL 0135-48-6123
FAX 0135-48-6122

2017年8月1日