• 惠泉(けいせん)ノア製作所
  • 惠泉(けいせん)マナベーカリー
  • ビュウソーイング
  • ハレルヤ典礼
  • 惠泉(けいせん)アモスファクトリー
  • 文泉(もんぜん)書院
  • 惠泉(けいせん)マリア訪問看護ステーション
  • 惠泉(けいせん)ひかり訪問介護ステーション
  • レストハウス惠泉
  • イベント企画
  • 惠泉インターナショナルプログラム
  • ヴィタポート愛
  • 珈琲とパンの店ヴィタ/ショップ ヴィタ
  • 中国小麦粉料理専門店 惠泉
  • 丹波の宿 恵泉

お知らせ

イベント
クラシック演奏家を支援する会 初コンサート開催のお知らせ

昨年9月、イベント企画で「クラシック演奏家を支援する会」を発足しました。

この会の設立目的は、海外留学中の若手クラシック演奏家に日本で演奏する場を提供し、クラシックの理解者・愛好者を増やすことです。1月現在、北海道から沖縄まで62名の方々が会員になってくださっています。

2月15日(月)神戸芸術センターで初めてのコンサートを開催することになりました。ウィーンから若手クラシック演奏家の柳澤ひかるさん(ピアノ)、萩野由佳莉さん(フルート)をお招きしています。

この機会にぜひ会の趣旨にご賛同いただける多くの皆様にご来場いただけますよう、願っております。ご来場、心よりお待ちしております。

前売り券がございますので、ご希望の方はメールか電話でお問い合わせください。

 

詳しくはこちらのチラシをご覧ください

 

クラシック演奏家を支援する会 事務局

TEL 0135-22-0703

mail event@vitaport.co.jp

046-0013 北海道余市郡余市町豊丘町374-3

 

◇演奏者紹介

 

柳澤ひかる 【ピアノ】

東京都立芸術高等学校を経て渡欧、ウィーン国立音楽大学ピアノ演奏科卒業。奨学金を得て同大学院修了。同大学パイプオルガン演奏科卒業、ウィーンコンセルヴァトリウムにてリート、オラトリオ伴奏科大学院修了。これまでにピアノを中山靖子、R.ケーラー、J.デームス、G.ケルン等に師事。パイプオルガンをR.ショルツ、P.プラニヤフスキ等に師事。マスタークラスにおいて室内楽をA.ボンドリアンスキー、リート解釈法をE.シュヴァルツコプ、W.リーガー、M.シャーデ、A.キルヒシュラーガー、M.マルティヌー、N.シェトラーに指導を受ける。2000年ウィーン.A.ベルク財団よりA.ベルク賞受賞。チェコ国立モラヴィアフィルと共演。2006年ブラームス国際コンクール、リートの部にてU.ツィマー氏と共演し優勝。カリンティア州国際音楽祭、キュンストラーアンサンブルウィーン、ハーモニアクラシカ、オーストリア現代曲協会等のプロジェクトで演奏。ウィーンを拠点にヨーロッパ各地で演奏活動を行っている。

 

萩野由佳莉 【フルート】

千葉出身。9歳よりバイオリン、11歳よりフルートを始め中学校、高等学校と吹奏楽部に所属して18歳で渡墺。特に室内楽や現代音楽の分野に力を入れ、市主催の音楽家の生没年記念コンサートなどにフルートアンサンブルや木管アンサンブルで出演。2009年にはBurkhard Stangel氏のもとORF Radiokulturhauses Wien にてコンサート、同氏のCD録音Hommage a moiに参加している。2013 年にウィーン国立音楽大学学士課程を卒業。現在同大学修士課程において主に古楽、室内楽などを中心に研修、活動をしつつPro-vo音楽学校にてフルート講師を勤め、後進の指導にあたっている。これまでに篠崎美千代、Barbara Gisler-hasse, Sonja Korak, Walter Wretschitsch の各氏に師事。またPeter-Lukas Graf, Philippe Pierlot 各氏のマスタークラスに参加。

2016年1月18日