• 惠泉(けいせん)ノア製作所
  • 惠泉(けいせん)マナベーカリー
  • ビュウソーイング
  • ハレルヤ典礼
  • 惠泉(けいせん)アモスファクトリー
  • 文泉(もんぜん)書院
  • 惠泉(けいせん)マリア訪問看護ステーション
  • 惠泉(けいせん)ひかり訪問介護ステーション
  • レストハウス惠泉
  • イベント企画
  • 惠泉インターナショナルプログラム
  • ヴィタポート愛
  • 珈琲とパンの店ヴィタ/ショップ ヴィタ
  • 中国小麦粉料理専門店 惠泉
  • 丹波の宿 恵泉

お知らせ

ヴィタポート
農業と食べ物を考える会

第19回 北海道農民キリスト者の集いに参加して

 

3月3日(月)~4日(火)、江別市の野幌教会で行われたこの伝統ある集いに、惠泉塾関係者7名が参加、ヴィタポートや塾の活動をたっぷりと紹介する機会を与えられました。
 今年のテーマは「農と人とのつながり」。この会の原点に立ち帰って、信仰を基盤とした農と人とのつながりについて学びたい、と企画されたそうです。具体的には、余市で15万坪の敷地を生かして18年、70名を越える信仰生活共同体「惠泉塾」を展開する水谷幹夫先生の多角的な活動実践を学ぶというもの。朝日と共に起き、夕日と共に休む。皆で生産し、加工し、消費して土に戻す。昔ながらの日本人の生活の中で、苦しむ人や心病んだ人たちもいつしか自然に健やかになっていく、その秘密を知りたいと期待して集まってくださいました。高齢化する北海道各地の農民団体が不思議に思うのは無理もありません。惠泉塾の働きからは、21部門を擁する(株)ヴィタポートが生まれ、若い労働力に恵まれて拡大の一途をたどっているのですから。
 取締役・ノア製作所木下肇からの基調講演「惠泉塾とは何か」、文泉書院長野初美から「元気になる若者たち」、マリア訪問看護ステーション岸本みくにとレストハウス長谷川都志子から「元気になる老人たち」と、ヴィタポート各部門責任者の発表が元気よく続きました。質疑応答には水谷社長が丁寧に応じ、皆さんの謎が少しは解けた(?)のではないでしょうか。
 その合間には、アモスファクトリーの洋梨ジュースとマナベーカリーのパンを差し入れて皆さんと食卓を囲み、交流が弾みました。有精卵やトマトジュース、手づくりジャムなどの差し入れもあり、さすが、農民キリスト者の集いだなあと感心した次第です。
 その夜は暖かいお布団に寝て野幌教会の温かいおもてなしに感動、朝、5時に起きて私たちが聖書を学んでいると、3名が飛び入り参加してくださいました。そして、ここに「惠泉塾」の秘密があると嗅ぎ取ってくださり、本物のものづくり、人づくりを目指す会社ヴィタポートをより深く理解していただけたと思います。喜びの2日間を感謝して会場を後にしました。余市から江別への旅は、会社を通じて私たちが農民に、社会に、どう貢献していけるか、考えさせられた貴重な体験となりました。

2014年3月12日