• 惠泉(けいせん)ノア製作所
  • 惠泉(けいせん)マナベーカリー
  • ビュウソーイング
  • ハレルヤ典礼
  • 惠泉(けいせん)アモスファクトリー
  • 文泉(もんぜん)書院
  • 惠泉(けいせん)マリア訪問看護ステーション
  • 惠泉(けいせん)ひかり訪問介護ステーション
  • レストハウス惠泉
  • イベント企画
  • 惠泉インターナショナルプログラム
  • ヴィタポート愛
  • 珈琲とパンの店ヴィタ/ショップ ヴィタ
  • 中国小麦粉料理専門店 惠泉
  • 丹波の宿 恵泉

お知らせ

レストハウス
生演奏の迫力&アットホームの魅力

― 第3回バイオリンとピアノコンサートに参加して ―

10月12日、午後2時よりレストハウスで行われたバイオリンとピアノのコンサート。 朝から時折り強い雨風の混じる、利用者さんの参加が危ぶまれるあいにくの天候の中で、準備が整い、祈りが届いて50名近い参加者が集まって始められました。

今回で3度目となる駒場彩子さんと中村里砂さんによる、迫力あるバイオリンとピアノの生演奏。ピアノソロでモーツアルトとショパン、デュエットでドビュッシー、サンサーンスなど、クラッシックの中でも特に親しみ深い作品が紡ぎだされて聴衆を魅了しました。レストハウスは、もともと50人以上のコンサートを想定して設計されているようです。吹き抜けのホールは反響版のような壁に囲まれ、素晴らしい音響効果を発揮しました。

ひかり訪問介護、マリア訪問看護、レストハウス惠泉の利用者さんとその家族、友人、知人のほか、初めて参加する惠泉ヴィレッジの方々もおられます。この朝、倶知安から駆けつけて来てくださったお二人の生演奏とトークに会場の雰囲気はなごみ、一緒に「浜辺の歌」を歌い「もみじ」を輪唱する頃にはすっかりアットホームな空気に包まれました。心に沁みる調べが深く届いて涙ぐむ顔もあります。演奏終了後には、手づくりのお菓子と栗の渋皮煮、それに飲み物が配られました。くつろぎのティータイムまで用意され、みなさん、すっかり大満足!久しぶりの再会にまた涙ぐむ方、演奏者に声をかける方もおられ、思い思いの感動の内に散会となりました。

ふだん、あまり外出される機会のない方には、特に配慮してお声賭けをして実現したという今回の催しは、「ひかり」と「マリア」と「レストハウス」が共催し、演奏者もスタッフも一体となって利用者さんへのサービスを生み出したおしゃれな試みと言えるのではないでしょうか。もっと聴きたい、年内にもう一度、という声もあります。今回来られなかった方も、ぜひ次のチャンスを逃すことなく、レストハウスへ、足をお運びいただきたいと思いました。秋の余市、豊丘の里に、演奏と歌声を響かせてくださった演奏者と参加者の皆さん、豊かな時間を共にできたことを心から感謝します!!

(ヴィタポート文泉 長野)

2013年10月16日