• 惠泉(けいせん)ノア製作所
  • 惠泉(けいせん)マナベーカリー
  • ビュウソーイング
  • ハレルヤ典礼
  • 惠泉(けいせん)アモスファクトリー
  • 文泉(もんぜん)書院
  • 惠泉(けいせん)マリア訪問看護ステーション
  • 惠泉(けいせん)ひかり訪問介護ステーション
  • レストハウス惠泉
  • イベント企画
  • 惠泉インターナショナルプログラム
  • ヴィタポート愛
  • 珈琲とパンの店ヴィタ/ショップ ヴィタ
  • 中国小麦粉料理専門店 惠泉
  • 丹波の宿 恵泉

お知らせ

文泉
オリジナル落款印

中国の古い書画などに、さまざまな印が押されているのを ご覧になったことがありますか?これは「落成款識」といって 作品の完成の時に筆者が署名捺印する習慣をさします。 落款印は筆者の作品に対する責任の証明と同時に作品全体を 引き締める効果があります。 この印が作品の制作年代を推定する手掛かりにもなります。

またその作品を所蔵した者が「自分のもの」という宣言のために 押している印もあり、鑑蔵印と呼ばれます。 所有者が変わるたびに印が増えていきます。

実用的な目的を持たずとも宗教的な語句や戒めの言葉などを刻して、 書画の飾りとする印もあります。

朱と白の織り成す印影の美は書家や画家の情熱を駆り立て、「篆刻」芸術として発展してきました。書画がどんなに素晴らしくても、印が貧弱であれば、台無しです。印そのものも大切な作品なのです。

私たちがハンコを押すとしたら、 荷物を受け取る時でしょうか。 何か重要な書類を書き込むときもそうですね。「責任を果たす」ことが印を押すという行為の意味なのでしょうが 実際はあまり深く考えずにしていることが多いですね。

今回、制作したのはあるご夫妻へのプレゼントです。普段、ご夫妻から受ける印象を見える形にしようとした時に 鷲と百合をイメージしたのでした。

そうすると、普段私たちが無意識に与えているまわりへの印象、それはある意味見えない「印」を押しているようなものですね。私たちも人生という作品を制作途中ですが、その最期は自分の裸の人格という印を押して完成するのでしょうか。私の胸にも忘れえない印象を遺して亡くなっていかれた人生の先輩方がいます。「朱と白」の印影のようにバランスのとれた人格、責任をしっかりと果たし、全体を引き締めるような大人へ成長していきたいものです。

 

オリジナルの印のデザインを承ります。詳しくは下記までご連絡ください。

 

文泉書院 惠泉意匠室

 

monzen@vitaport.co.jp

TEL 0135-22-0703

FAX 0135-21-6155

2013年8月14日