• 惠泉(けいせん)ノア製作所
  • 惠泉(けいせん)マナベーカリー
  • ビュウソーイング
  • ハレルヤ典礼
  • 惠泉(けいせん)アモスファクトリー
  • 文泉(もんぜん)書院
  • 惠泉(けいせん)マリア訪問看護ステーション
  • 惠泉(けいせん)ひかり訪問介護ステーション
  • レストハウス惠泉
  • イベント企画
  • 惠泉インターナショナルプログラム
  • ヴィタポート愛
  • 珈琲とパンの店ヴィタ/ショップ ヴィタ
  • 中国小麦粉料理専門店 惠泉
  • 丹波の宿 恵泉

お知らせ

文泉
【意匠室】スターオブベツレヘム

 惠泉意匠室より、花のお便りです。最近、事務所前で皆が咲くのを楽しみにしていたのがこの花、「スターオブベツレヘム」。

聖書で、イエス・キリストがユダヤのベツレヘムという地で生まれた時のことが書かれています。占星術の学者たちが、「神の子」「救い主」として生まれたこの方を拝もうと東の果てからやってきた時のことです。「東方で見た星が先だって進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。」この花の英名はその星が流れ星になって、四方に飛び散り、花となったという伝説が由来だそうです。

そんな伝説を聴いてその花を見ると、なんともそれらしく見えて、慕わしい思いが湧くのが不思議です。写真に収め、ハガキにして売る時、「これがスターオブベツレヘムですよ」と紹介しますが、この名前じゃなかったら、買われないかもしれないと思うと、何か自分が名前に「かこつけて」売っているような少し後ろめたい気持ちを味わいました。そこで一体誰がそんな名前を、この花につけるのだろう?と素朴な疑問を考えてみました。想像にすぎませんが、多分この名前をつけた人が「救い」を待ち望んでいたこと、この花と出会った時に、その「救い」と花のイメージが自分の心の中でぴったりと重なった、そのことだけは真実だと思い至りました。待ち望む心という目に見えないものと、咲いている花という見えるものが出会ってはじめてそこに美が生じます。なぜなら、待ち望む心のない人がこの花を見ても、何の変哲もない野の花と目もくれず、通り過ぎるでしょうから。

この名前を付けた人の心と私の心が時も場所も超えて響きあう。花が咲くのを楽しみに待つ心、それを私は伝えよう。そう思うと、うしろめたさは消えて、この創造の妙なる業、スターオブベツレヘムの清楚な姿にどこまでも見入るのでした。

2013年6月26日