• 惠泉(けいせん)ノア製作所
  • 惠泉(けいせん)マナベーカリー
  • ビュウソーイング
  • ハレルヤ典礼
  • 惠泉(けいせん)アモスファクトリー
  • 文泉(もんぜん)書院
  • 惠泉(けいせん)マリア訪問看護ステーション
  • 惠泉(けいせん)ひかり訪問介護ステーション
  • レストハウス惠泉
  • イベント企画
  • 惠泉インターナショナルプログラム
  • ヴィタポート愛
  • 珈琲とパンの店ヴィタ/ショップ ヴィタ
  • 中国小麦粉料理専門店 惠泉
  • 丹波の宿 恵泉

お知らせ

レストハウス
自然で家庭的な生活

レストハウスの広いリビング、高い窓から早春の明るい日差しが射しこんでいます。朝、そのカーテンを開けるのはいつからかSさんの役になりました。入居したばかりの頃は緊張していたSさんも、今ではこぼれるような笑顔を見せてくれるようになりました。

台所ではごはんの支度。畑でとれた野菜や山菜を生かし、それぞれの経験を持ち寄って、工夫しながらつくるのは料理好きのスタッフには人一倍楽しい時間です。おばあちゃんたちは豆のさやはずしや、よもぎの下準備などの手作業がお好きなようです。Mさんの慣れた手つきは昔の苦労を忍ばせます。新聞を折って紙の入れ物を作るのは少し複雑なので、出来るところまでやって、まかせます。ひとつのものを一緒に作り上げる共同作業もなんとも楽しいものです。

「ごはんですよー」

 「今日はお餅だけど、のどづまりするといけないから、Sさんにはお蕎麦ね。」

Sさんがお箸をとりに杖をつくのも忘れて歩いたこともありました。 「ミカン、私もう食べたからあとは食べな…」

それはおばあちゃんのいる、やわらぎに満ちた家族の食卓風景です。

レストハウスではスタッフが心をひとつにし、皆で日々の生活を丁寧におくっているだけです。朝起きて、掃除をして、ご飯を作って食べる…豊かな日本の四季を感じながら、自然であたりまえの生活。その中にいろんな仕事があり、考える事、話す事がたくさんあります。特別にレクリエーションを企画して、おばあちゃんたちを「楽しませ」たり、「休ませ」たり、していません。他人が一緒に暮らすので、ここちよい緊張感もあり、相手への思いやりや配慮も自然に生まれてきました。 誰もが不安に襲われがちな時期にレストハウスでは不思議と入居者さんたちがどんどん元気に魅力的になってきました。

「静かに死を迎えるはずだったのだけど、元気になっちゃった。老人ホームをつくらなくちゃね」今日もレストハウスは笑いに満ちています。

2013年4月3日