• 惠泉(けいせん)ノア製作所
  • 惠泉(けいせん)マナベーカリー
  • ビュウソーイング
  • ハレルヤ典礼
  • 惠泉(けいせん)アモスファクトリー
  • 文泉(もんぜん)書院
  • 惠泉(けいせん)マリア訪問看護ステーション
  • 惠泉(けいせん)ひかり訪問介護ステーション
  • レストハウス惠泉
  • イベント企画
  • 惠泉インターナショナルプログラム
  • ヴィタポート愛
  • 珈琲とパンの店ヴィタ/ショップ ヴィタ
  • 中国小麦粉料理専門店 惠泉
  • 丹波の宿 恵泉

お知らせ

マナ
【マナニュース】パンとランチとスペシャルティーコーヒー

サーバー、ドリッパー、フィルターペーパーにスペシャルティーコーヒーの粉を用意します。そして、ゆっくりと落とし始めます。

今回は、「珈琲とパンの店ヴィタ」(北海道余市町豊丘町301番地)でランチセットをオーダーしていただくとお召し上がり戴ける「スペシャルティーコーヒー」をご紹介いたします。

今年は、スペシャルティーコーヒーを主力販売商品に位置づけました。

スペシャルティーコーヒーとは、簡単に言えば「美味しい味わい深いコーヒー」ということになります。「スペシャルティー」は英語で、「自慢[得意]の品、特製、高級専門品、特別上製品」などの意味があります。わかりやすい例として、「くだもの」で考えてみます。現在、果物売場に行くと標準的な価格で並べられている商品の隣に「○○農園のくだもの」として詳しい説明とともに並んでいる商品を見かけることがあります。バナナなど海外のものもあります。それらは、品質もしっかりしていて味もよく、価格は高めのものです。スペシャルティーコーヒーは、これに似ていると思います。コーヒー豆生産農家は徹底した品質管理と生産体制で「スペシャルティー」を目指しています。生産された豆は品評会で品質と味が確かめられて上位入賞を果たせば高値がついて取引されます。

スペシャルティーコーヒーは実際の味わいがともなうコーヒーです。「〇〇コーヒー=美味しい」とはならないのです。実際に美味しいと評価されたコーヒーが「スペシャルティー」となります。

当店では、ブレンドせずにストレートで販売致します。コーヒーの深い味わい、豆そのものが持っている素朴な個性によって食後の余韻が一層引き立てられて感動となることを願いつつ、店長のコーヒー追求はきょうも続いています。

珈琲とパンの店ヴィタ 店長 伊藤泰輔

 

 

写真:サーバー、ドリッパー、フィルターペーパーに

スペシャルティーコーヒーの粉を用意します。

そして、ゆっくりと落とし始めます。

 

2013年4月17日