• 惠泉(けいせん)ノア製作所
  • 惠泉(けいせん)マナベーカリー
  • ビュウソーイング
  • ハレルヤ典礼
  • 惠泉(けいせん)アモスファクトリー
  • 文泉(もんぜん)書院
  • 惠泉(けいせん)マリア訪問看護ステーション
  • 惠泉(けいせん)ひかり訪問介護ステーション
  • レストハウス惠泉
  • イベント企画
  • 惠泉インターナショナルプログラム
  • ヴィタポート愛
  • 珈琲とパンの店ヴィタ/ショップ ヴィタ
  • 中国小麦粉料理専門店 惠泉
  • 丹波の宿 恵泉

お知らせ

ひかり
前田美恵さん 98歳円熟の秋

お久しぶりで、美恵さんと秋の恵泉塾を散策しました。1周約2キロの散歩コース、周囲の景色を愛で、お話をしながら、小一時間の有意義な時となりました。最近は雪虫が飛び交い、もうすぐ雪が降るのでしょうか。もしかして、今年最後の散歩になるのかも、と思いつつ、カメラを持参し、外出介助に向かいました。

右上の写真は、よもぎを手になさった美恵さん。散歩に出かけて開口一番、「ここ(北海道)のよもぎは、うちら(高知県)のと違いますね~。」それで、ここのよもぎを探しながら歩いていると、見つかりました!お渡しすると写真のように、鼻のあたりにもって行かれて、「同じ匂いがする。」と納得されたご様子。

お次は姫リンゴ。紅葉が進んだ樹木に囲まれ、姫リンゴたちも円熟の境地です。「なんとみごとな~。」と、感動なさる美恵さんに、一粒の小さな実を手渡しました。「あまり、おいしくないそうですよー。」と言った私でしたが、時すでに遅し。美恵さんは口にもって行かれて、「固いですね~。」とおっしゃいました。一般的なリンゴも、すこし残っていました。その赤く熟した実を見つめながら、「ふるさとの皆に、見せてやりたい。」と、しみじみ語られた美恵さん。

 左上の写真は野菊でしょうか。指さしながら、「ああ綺麗!!」と大きな声を発せられました。一輪手渡すと、大切そうに、素敵な笑顔でお部屋へ持って帰られました。散歩道の近辺には幾つかの廃家があって、その一つ、一つを見る度に、「せっかくきれいな自然やのに、残念や~。片付けたら観光道路ができるのに・・・。」とつぶやかれ、最後の頃には、「帰ったらみんなに言うて、なんとかせなあかん。」と、建設的な話に発展していました。美恵さんは北海道に住みながら、なお故郷のみなさんと一緒に生き続けておられるのでしょうか。 

散歩が終わってお部屋に戻り、別れ際にひとこと。「この世の中で、こんなに幸せな年寄りがおるじゃろうかー。 ありがとうございました。」と、手を合わして、頭を下げておられました。介護とは、なんと恵み豊かな働きでしょうか。どんな疲れも吹っ飛ぶような、幸せな気持ちにさせて頂けました。

 (ご了解の上で、実名表記させて頂きました)

 

お困りの事はございませんか?お気軽に、お電話ください。

TEL0135-21-3033 FAX0135-21-6155

 

2012年11月14日