• 惠泉(けいせん)ノア製作所
  • 惠泉(けいせん)マナベーカリー
  • ビュウソーイング
  • ハレルヤ典礼
  • 惠泉(けいせん)アモスファクトリー
  • 文泉(もんぜん)書院
  • 惠泉(けいせん)マリア訪問看護ステーション
  • 惠泉(けいせん)ひかり訪問介護ステーション
  • レストハウス惠泉
  • イベント企画
  • 惠泉インターナショナルプログラム
  • ヴィタポート愛
  • 珈琲とパンの店ヴィタ/ショップ ヴィタ
  • 中国小麦粉料理専門店 惠泉
  • 丹波の宿 恵泉

お知らせ

アモス
千両梨収穫開始

独り言。千両梨を収穫中。大きな実がごろごろ。というか、ぶらぶら。ぶらんぶらん。これをなんとたとえよう。ソフトボールよりははるかに大きい。ボウリングの球よりは小さい。持った感じは砲丸投げの球か。片手で支えるには指をどんぶりを持つ時くらいに広げねばならぬ。多いのは中サイズ。握った感じは野球の硬球。

 

緑色のものは味良し、食感良し。甘くてジューシー。しゃきっとした歯ごたえで、千両梨本来の良さ。茶色の点々は単なる日焼けで問題なし。地が緑色なら歯ごたえ良好。まっ黄色のものは熟れすぎか。果肉がフワフワで水分が少ない。でも甘みが増してて、「これはこれでうまいじゃん」、と思ったらやっぱり、「僕はフワフワのが好きですよ。お年寄りにも受けるかも」、とK氏。まだ若いんだけどね。

 

「ここの梨はおいしくないんだろ?」とHさん。誰がそんなこと言ったの?食べてみてよ。おいしいよ。80代だけど全部自分の歯なんでしょ?きっと「しゃきっと」が気にいるよ。

 

☆「千両梨販売のご案内」、「千両梨注文書」、およびレシピにつきましては、どうぞこちらにてご閲覧・ご入手下さい。

2012年10月17日