• 惠泉(けいせん)ノア製作所
  • 惠泉(けいせん)マナベーカリー
  • ビュウソーイング
  • ハレルヤ典礼
  • 惠泉(けいせん)アモスファクトリー
  • 文泉(もんぜん)書院
  • 惠泉(けいせん)マリア訪問看護ステーション
  • 惠泉(けいせん)ひかり訪問介護ステーション
  • レストハウス惠泉
  • イベント企画
  • 惠泉インターナショナルプログラム
  • ヴィタポート愛
  • 珈琲とパンの店ヴィタ/ショップ ヴィタ
  • 中国小麦粉料理専門店 惠泉
  • 丹波の宿 恵泉

お知らせ

ひかり
恵みの秋のお散歩

 9月も半ばになりました。前田美恵さん(98歳)と一緒に、車椅子でお散歩に出かけました。レストハウスを出発して左に行くと、ビニールハウスが見えました。何を作っているのだろうか?と、美恵さんが興味を示されました。見学に行ってみると、豆が栽培されていました。美恵さんは「懐かしい」と、心の奥から感嘆の声をもらされました。故郷の高知を想い出しながら、「こんなに早くに出来るとは~」と、ふたたび感嘆の声。豆の調理方法についても、いろいろ教えて下さいました。

 

 お散歩を再開し、少し進むと左右にブドウ畑が広がります。豊かに色づいた果実から、甘い香りが漂ってきます。その先にはリンゴ畑があり、赤や黄色や様々な色のリンゴがあって、同じ赤でも色づき具合が違うので不思議そうに見ていると、農園主の方が来てくださいました。その疑問について質問すると、同じ敷地内にある赤いリンゴでも何種類ものリンゴの木があって、名前も収穫の時期も違うのだと教わりました。また黄色いリンゴは、黄色い種類のリンゴなのだそうです。農園主のおじさんは「今日もお散歩ですか?」と優しい笑顔になられて、美恵さんに赤いリンゴを3個くださいました。右上の写真がその時のリンゴです。左上の写真は秋の豊かな収穫を、拝むように見つめておられる美恵さんの表情。

 

 内地(本州)と比べて、ここは素晴らしい所だとおっしゃる美恵さん。毎週1回・1時間程度のお散歩ですが、回を重ねるごとに体力が回復されているように感じます。98歳にしてこの変化・・・果実にも勝る不思議な恵みが注がれている、前田美恵さんについてのお散歩報告でした。

 

 お困りの事はございませんか?どのような問題でも結構です。お電話お待ちしています。

TEL 0135-21-3033  FAX 0135-21-6155

(ご了解を得て、実名で掲載させて頂きました)

 

2012年9月26日